植木屋は久々の新作を持って参戦しました。
本当に沢山の方々にお越し頂きました。ありがとうございました!
当サークルは作品作りに非常に時間がかかるサークルですので、
こうして新譜の発表が出来るタイミングでのイベントは感慨深いです。
また、そんな僕らの作品を待っていてくれる皆様には感謝しかありません。
どうか『終焉のコンコルディア』を楽しんで頂ければいいなと思っています。
そして、今回初めて植木屋を知って頂けた皆様、いかがでしょうか?
毎回ありったけの想いを詰め込んでお届けしております。
これからも是非よろしくお願いいたします!

今回は子供を預けられなかった関係で、初の子連れ参戦になりました。
途中で飽きてしまうかもと、アンパンマンのDVD持参で行ったおかげかどうかは判りませんが(笑)、
比較的おとなしくしていてくれて助かりました。
夫婦揃って新譜のあるイベントに参加出来て、娘にも感謝です。
また、ディスプレイの壁に潜んでいた娘の存在に気づいた方々が、
優しく声をかけて下さったのも嬉しかったです。ありがとうございました。

さて、今回の『終焉のコンコルディア』ですが、
一本のストーリー物になっております。
もちろん各曲は単体で楽しめるようになっていますが、
是非一度はブックレットを読みながら聴いてみて下さい!
楽曲は物語の核となる「太陽王 アレクシス」「星妃 リア」「月の騎士 セシル」それぞれの視点から構成されていて、対(因縁)になる曲にはヒントとなるフレーズ(テーマ)をちりばめてあります。
小難しい考察を必要としなくても楽しめるように作りましたが、
そういった部分を突っ込んで聴いて楽しむことも出来ると思います。
末長く、皆さんの記憶に残る作品であれば嬉しいです!

taiki