我が家に憧れのあんちきしょうがやってきました。

大きなお友達。

メサブギーの鉄板キャビです。

前々からギターサウンドのバリエーションを増やしたいと思っていて、
ついにアンプ購入計画を発動させた訳です。

今まではずっとヒュース&ケトナーの昔のコンボアンプを使ってました。
非常に気に入ってるんですが、
アルバム制作時なんかは1台だけだと辛いものがあると感じてました。
ギターを何本も持ち替えたりしながら、リズム、リード、オブリ等を収録するわけですが、
どう頑張っても歪みの質感は変わらないのですよ。
立体感、奥行感を得るのに、手っ取り早いのはやはり、アンプを数種類使い分けることが近道だと。

欲しいキャラは、現在のアンプと離れたものがいいと思ったんですよ。
そこで人生初めてのスタックアンプを、と。
そんで、植木屋の個性の一つであるヘヴィでラウドな楽曲をというなら、
必然的にハイゲインなアンプになりますよね!?←誰に言ってんだ

候補になったのはメサブギーのレクチ。
ギターを始めた頃から憧れたあのメーカー。
それからdiezelのHERBERT。
ウワサはかねがね聞き及ぶドイツの怪物アンプ。
どちらも激轟音なもんで、必然的にキャビは低音を鳴らしきる再生能力が必須なのだ。
それで、この鉄板キャビですよ。
ぅわぁあカッコいい!

…え?

…結局どっちの候補を選んだのかって?

まだ決めてない…っ(!)

一気に買える予算がないんだよぉぉおお!!!

キャビ買っちゃったらもう後へ引けないだろぉっ!?
自分への誓いだよっっ…!!

だから今は音が出ません…。

それに今すごい悩んで決めかねてるんだよね。
自分で弾いてて気持ちいいのはHERBERTだったけど、植木屋には少々過激すぎるようなきもする。
レクチはHERBERTと比べると今のヒューケトとのキャラクターが近いような気もする。
でも総合的にはどちらも凄くいいアンプ。

どっちみち予算の都合つけないと手に入らないので頑張って働こう。。。
この悩んでる時が一番楽しいのかも。